ISO27001情報管理のレベルを高めよう|情報プロテクター

男性

危険を未然に防ぐ

システム

SIEMにはシステムのセキュリティを守ってくれるので、IT企業には必要な存在となっています。SIEMには多くの種類があるので、導入事例を見ながら信頼できる所を見つけていくことが必要になります。

情報の処理システムを導入

パソコン操作

情報管理について体制を整えたいという場合は、専門家からの指示を仰いでもらうことが必要になります。また、ISO27001を取得することによって、情報管理のレベルの高さを証明することが出来るでしょう。しかし、ISO27001の取得するのは簡単なことではありません。システムや取り組みについて見直していくことが必要であり、また、これらの状況についてマニュアルでまとめておくことも必要になるのです。普段の業務を行いながらisoの取得対策を進めるとなると多くの時間が必要になってしまうことでしょう。また、ノウハウのない状態であると上手く準備を進められないということもあります。このような場合はコンサルティングに頼るという方法があります。SIEMやISO27001、EMA認定、機密文書の処理など多くの知識を持っています。このような実績を元にスムーズにISOを取得出来るようにサポートが受けられるようになるのです。相談をしながら取得までのプランを決めていくことが必要になります。

ISO27001でマニュアルの作成を行ってもらうことが必要ですが、作った後でも読み返して分かりやすいかどうかについて把握する事も必要になります。ISO27001の取得基準を満たすために沢山の情報を詰め込んだマニュアルを作るというパターンもありますが、理解しにくいことによって、情報管理の意識を会社に広げていくことが出来ません。見なおしたシステムの運用も行なえなくなってしまうので、せっかく取得したISO27001の体制を活かすことが出来なくなってしまいます。コンサルティングによってマニュアル作成のポイントは変わってきます。また、分かりやすいように簡潔にまとめてくれる所もあり、見直しもしやすくなるのです。どのような内容なのか把握出来ることで、見直しや教育も楽になるのです。そのため、ISO27001はマニュアルが要になるので取得前に作成法について良く考えておくことが必要になります。

情報を消す

手元

外部に漏らしたくない情報を持っている場合は、処理の方法について考えることが必要です。機密文書の処理サポートを行ってくれるサービスもあるので、徹底的に情報を消したいと考えている場合に利用すると良いでしょう。

SNSを安全に利用する

システム

ネットでは未成年に影響を与えてしまうコンテンツも蔓延しています。特にSNSは注意されているので、信頼を得るためにもEMAの認定を受けることが必要になります。主に監視業務の体制を整えることが必要になります。